アメコミ映画(MCU・DCEUなど)を何倍も楽しむ、ニワカもマニアも歓迎のアメコミ情報サイト。キャラクター考察、公開情報まとめ、映画の展開予想などなど。

『ブレイド』再映画化!過去のウェズリー・スナイプス版3作品でおさらいしておこう!

アバター
この記事を投稿した人
kun1610
「アイアンマン」でのロバート・ダウニーJrのカッコよさに魅了され、アメコミ沼にはまった社会人。 アメコミの素晴らしさを世に広めていきたく執筆に取り組んでいます。 好きなヒーローはもちろんアイアンマン!

マーベル・スタジオがサンディエゴ・コミコンにて新たにフェーズ4として10作品のMCUシリーズ製作を発表しました。

また、その他にもいくつかの作品の製作が発表されましたが、その中でも久しぶりにスクリーンに帰ってくるのが「

この作品は1998年に、ウェズリー・スナイプス主演で公開されると、高い人気を集めて、2002年に「ブレイド2」、2004年に「ブレイド3」とシリーズ化されました。

マーベル映画創世記の作品が新たな形で描かれるということもあって、ファンの間では期待が高まっています。



原作版「ブレイド」はどんな設定?

映画でも人気を博したブレイドですが、実は原作でもかなり人気なキャラクターとして知られています。

原作では、吸血鬼と人間のハーフとして生まれたブレイドが、母を殺した吸血鬼への復讐心のため、“ヴァンパイアハンター”として、生まれ持った身体能力の高さを活かし、吸血鬼と対峙。

そんなブレイドが、ヒーローとしての姿と自身に流れる吸血鬼の血との間で苦悩していく姿を描いています。

原作では、ゴーストライダーと共闘したり、自身が “ヴァンパイアハンター”であることを隠しながら、アベンジャーズメンバーとしても活躍しており、今後のMCUシリーズへの参入も期待できますね!

https://amecomi-now.net/wolverine-vs-blade/

ブレイドで主演を務めるのは?

過去のブレイドシリーズではウェズリー・スナイプスが務めたブレイド役ですが、本作では2度のアカデミー助演男優賞の経験があるマハーシャラ・アリの起用が発表されています。

Netflixのマーベル作品にも出演しており、演技力にも定評のあるマハシャーラがどのようなブレイドを演じてくれるのか、期待が高まりますね!

また監督に関しては、現時点では公表されていませんが、Netflixで放送されている「Marvel パニッシャー」で製作総指揮を務めるスティーブ・ライトフット
はブレイドの大ファンであることを公言。

さらに2019年に公開された「アクアマン」で監督を務めたジェームズ・ワンにいたっては2013年ごろにブレイドの映画化を提言したと言われています。

映画版「ブレイド」はどんなストーリー?

ブレイドは20年以上前に公開された映画であることもあって、どのようなストーリーか詳しくは知らない方も多くいらっしゃると思います。

実はブレイドはヴァンパイアに嚙まれた母親から生まれており、人間とヴァンパイアのハーフ。

シリーズ1作目の「ブレイド」では、ヴァンパイアハンターとして活躍していたブレイドが、ヴァンパイアによる世界征服を企むフロストとの戦いが描かれています。

続く「ブレイド2」はヴァンパイアになる原因のアルゴウイルスから進化した新たなウイルスによって出現した「死神族(リーパーズ)」が、人間とヴァンパイアを襲います。

人間とヴァンパイアの脅威であるリーパーズから人々を守るために、敵対していた両者は手を組み、強大な敵に立ち向かいます。

そして最終作の「ブレイド3」ではヴァンパイアの罠にはまったブレイドが、殺人犯として指名手配されます。窮地に陥るブレイドを助けたのは、人間によって構成されたヴァンパイアハンターの「ナイトストーカーズ」。

彼らに「ヴァンパイアの始祖が復活した」と告げられたブレイドは最後の戦いに身を投じていきます。

映画版「ブレイド」の特徴は?

映画版「ブレイド」の特徴として印象的なのが、真っ黒なサングラスに革のスーツというルックス。

このため硬派なイメージを思い浮かべますが、作品内では決めポーズやガッツポーズを頻繁にするなど、陽気なヒーローとして活躍します。

さらに過去の吸血鬼との対決を描いた作品とは異なり、暗い雰囲気ではなく、日本刀を活かしたアクションシーンの迫力が魅力的な作品です。

新作では果たしてどのようなブレイドの一面を見る事ができるのでしょうか?

【小ネタ】ネットスラングでよく使われる!? 鈴木雅之の「違う、そうじゃない」

実はネット上で「ブレイド」と検索すると、キーワードとして「鈴木雅之」が出てくるのをご存じでしょうか?

これは「ブレイドⅡ」の写真と、鈴木雅之さんの発売したシングルCD「違う、そうじゃない」が似ているとネット上で話題になり、コラージュ画像が出回ったことから。

その後、掲示板などでスラングとして利用されるようになると、ネット上で流行したため、現在でも時折使われています。

ブレイド自体が10年以上前の作品なので、最近ではこの画像から知る人も多いと思います。

これを機に、ブレイドシリーズをおさらいしてみてください