アメコミ映画(MCU・DCEUなど)を何倍も楽しむ、ニワカもマニアも歓迎のアメコミ情報サイト。キャラクター考察、公開情報まとめ、映画の展開予想などなど。

征服者カーンとは?サノス以来の強敵の可能性

アバター
この記事を投稿した人
あさひなペコ
元々映画(SF・冒険・アクション)が大好きだったが、MARVELに出会って人生変わったオタクライター。 自分が気に入った作品は王道の作品からマイナー作品に至るまで、コミックス含め、独自に深掘りを行う。

2020年後半、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で続々と来年度以降のMCU作品の続報が解禁しています。

なんと、「時間改変」「タイムトラベル」を得意とするヴィランである征服者カーンの登場が決定!

今回は、原作コミックスで様々な形態で登場するヴィラン・征服者カーンについての情報をまとめています。

征服者カーンが満を持してMCUに登場

征服者カーンの登場が示唆され始めたのは、2020年10月以降。

征服者カーンがMCUのフェーズ4以降に登場する新たな強敵として、アベンジャーズらヒーローたちの前に立ちはだかるというのです。

征服者カーンの登場が示唆されるMCU作品を以下にまとめました。

  • 映画『3』(原題:Ant-Man and the Wasp: Quantumania)
  • ドラマ『』(原題:Loki)

映画『アントマン3』に至っては、2020年12月に開催された米ディズニーの投資家向けイベント「Disney Investor Day 2020」で、正式に征服者カーン登場することが明らかになりました。

原作コミックス通りの場合、サノスを超えるであろうヴィランとしてアントマンたちの前に立ちはだかるのか。

はたまたMCUならではの解釈を行い、別の形での登場となるのか、マーベルファンは見逃せない情報となりました。

MCUで征服者カーンを演じる俳優が決定!

「Disney Investor Day 2020」の発表では、これまで征服者カーンを演じるとウワサされていた俳優ジョナサン・メジャーズが、征服者カーンを演じることも確定!

ジョナサン・メジャーズは、現在注目を集める映画スタジオ「A24」とブラッド・ピットを筆頭とした製作会社「プランB」がタッグを組み、公開された映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』に出演する若手俳優として、今後の活躍も期待されています。

征服者カーンはMCUドラマ『ロキ』にも登場というウワサも

さらに、ディズニーの運営する動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で2021年5月に配信予定のドラマ『ロキ(原題:Loki)』でも征服者カーンの登場がウワサされています。

ドラマ『ロキ(原題:Loki)』は、映画『/エンドゲーム』の際にスペースストーンを奪って逃亡したその後からスタート。

時空や世界線を越える力を持ったロキが歴史の改変を行う、というストーリー展開が早くも注目を集めています。

後述しますが、征服者カーンが持つ「歴史改変」や「タイムトラベル」といった能力からも、ロキとの関連性が描かれる可能性も高いのではないかという予想を立てられているほど。

続報に期待ですね。

征服者カーンについて

それでは、征服者カーンとはどんなヴィランなのでしょうか。

ここからは、征服者カーンについてにまとめていきます。

征服者カーンとは?

征服者カーンは、西暦3,000年の未来に生まれた人物。

原作コミックスでの初登場は1964年です。

独特の仮面と、脳波に連動して動く武器を搭載した鎧を身にまとい、征服者として40世紀の世界を支配するために何度もアベンジャーズたちと激しいバトルを繰り広げています。

その時は、あらゆる時間軸に存在する自分(征服者カーン)を寄せ集めた「カウンシル・オブ・カーンズ」を結成する等、アベンジャーズたちを苦しめました。

また、ある時間軸の別の征服者カーン、アベンジャーズと協力して別次元の自分を撃退したり、はたまた別の時間軸ではヒーローとして活躍したり等ややこしい設定のキャラクターでもあります。

原作での征服者カーンの能力は「タイムトラベルで歴史を操作」

原作コミックスでの征服者カーンはタイムトラベルを使い、過去・現在・未来を問わず歴史を改変する能力を持っています。

西暦3,000年のナサニエル(後の征服者カーン)は、タイムマシンを発見したことでタイムトラベルの技術を使い、まずは古代エジプトへタイムトラベルをします。

そのため、同じ征服者カーンでも時間軸によってさまざまな自分が存在し、年齢どころか性格も異なるというのです。

西暦3,000年のナサニエルは、タイムトラベルと歴史改変によって複数存在しています。

以下が、各時間軸のナサニエルが名乗っている名前です。

  • ラーマ・ツタン(ラマ・タト)
  • スカーレット・センチュリオン
  • 征服者カーン
  • プライム・カーン
  • イモータス
  • アイアンラッド

このように、様々な世界線で違う名前と性格を持った征服者カーンが、何人も存在します。

征服者カーンはMr.ファンタスティックと関係がある!?

征服者カーンは、かつて科学者で、本名をナサニエル・リチャーズといいます。

なんと「ナサニエル・リチャーズ」という名前は、『ファンタスティック4』に登場する「Mr.ファンタスティック/リード・リチャーズ」の父の名前を受け継いだ人物と同じ!

「Mr.ファンタスティック/リード・リチャーズ」の父と名前が同じであるため、混乱しがちですが、同姓同名の別人です。

  • 「Mr.ファンタスティック/リード・リチャーズ」の父ナサニエル・リチャーズ…アース616の人物がタイムトラベルでアース6311に隠れ住む
  • 征服者カーン/ナサニエル・リチャーズ…リード・リチャーズの名前を受け継いだラトべリア領主ドクター・ドゥームの血を引く可能性のあるアース6311の人物

征服者カーンは「ドクター・ドーゥム」との深いかかわりも

前述でも触れていますが、征服者カーン/ナサニエル・リチャーズはヒーローチーム「ファンタスティック4」の宿敵ドクター・ドゥームの血を引いている可能性があるという設定です。

というのも、征服者カーン/ナサニエル・リチャーズが発見した「祖先のタイムマシン」こそ、ドクター・ドゥームが開発したもの。

ある時間軸で「スカーレット・センチュリオン」と名乗る征服者カーンですが、この時はドクター・ドゥームに尊敬の意を得ています。

しかし、当の本人はドクター・ドゥームを殺そうとする等、影響は受けていないようです。

征服者カーンが自分に絶望して歴史改変したらヤングアベンジャーズに入っていた

征服者カーン/ナサニエル・リチャーズは、過去にいじめに苦しめられていました。

そんな自分の過去を変えようと、いじめによってノドを切り付けられそうになっていた少年時代位の自分を救いにタイムトラベルをしますが、逆に征服者カーンとなる未来を嘆き「あんたみたいになりたくない」と拒絶されます。

結果的に、歴史改変をした先で、ヒーローチーム「ヤングアベンジャーズ」で活躍するアイアンラッドが誕生します。

征服者カーンのMCUでどう暗躍する?3つの予想

複雑なキャラクターである征服者カーンは、MCUでいったいどのように活躍するのでしょうか?

「アメコミ最強情報局」では、3つの予想を立ててみました。

1)サノスを越えた次のヴィランになる可能性

歴史改変という時間軸をも超越した能力を有する征服者カーンは、サノスを越えたヴィランになるのではないか?とウワサされています。

これまでのMCU作品では、「ドクターストレンジ」のように場所は越えても、時間軸を超えるのはインフィニティストーンのひとつ「スペースストーン」や『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのタイムトラベル装置以外あり得ませんでした。

また、『:ファー・フロム・ホーム』では、他の時間軸があると示唆されています。

映画『アントマン3』やドラマ『ロキ』を皮切りに、様々な作品で征服者カーンが登場する未来もあり得るかもしれません。

2)MCU版ファンタスティック4やドクター・ドゥームの登場を示唆?

ファンタスティック4とゆかりのある征服者カーンの登場が決定した今、MCU版ファンタスティック4が登場することが示唆されているのではないでしょうか。

たくさんの時間軸で征服者として暗躍する征服者カーンは、古代エジプトを支配していた「ラーマ・ツタン(ラマ・タト)」の際、ファンタスティック4と相まみえています。

征服者カーンが、様々な時間軸でアベンジャーズをはじめとするスーパーヒーローとの交戦をしていることからも、新ヒーローとの激闘も観れる可能性があります。

また、ドクター・ドゥームと征服者カーンには大きな関係性があります。

ドクター・ドゥームもファンタスティック4と連動して登場する可能性は十分に考えられますよね。

3)ヤングアベンジャーズも今後のMCUに登場する?

征服者カーンが未来の自分に絶望し、若手ヒーローチーム・ヤングアベンジャーズの「アイアンラッド」として活躍する時間軸も、原作コミックスに登場します。

現時点の情報では、ドラマ『』ではヤングアベンジャーズのひとりケイト・ヴィショップが。

3』では大人になったキャシー・ラングが再登場というように、ヤングアベンジャーズのメンバーがそろい踏み。

さらに、ドラマ『ワンダビジョン』では、コミックス版で備わっている現実改変能力を開花させるのではないかと予想されているワンダ・マキシモフ/

彼女の現実改変で生み出された子どもである、ウィッカンやスピードの登場の可能性も予想されています。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、これまでメインだったアベンジャーズメンバーが死亡や引退で表舞台から姿を消していますので、新しいヒーローチームがMCUで活躍する伏線とも考えられそうです。

まとめ

征服者カーンは、タイムトラベルを駆使して歴史改変を行うヴィランです。

そのため、複数の時代や時間軸に何人もの自分が、性格や見た目・年齢も異なり登場しています。

MCUでは、原作コミックスと解釈が異なる設定も多いため、征服者カーンの描かれ方も原作コミックスとは異なる可能性がありますが、どのように今後の作品と絡めていくのか、楽しみですね。

アバター
このサイトをつくった人
うた
このサイトの編集長(@amecomi_movie)です。社壊人しながらアメコミ映画の情報とか配信してます。ヘイムダルとヨンドゥ好き;;DCもMARVELも好き。アメコミ映画を味が出なくなるまで堪能したい人、ガンガン絡んで欲しい。お絵描きします。