アメコミ映画(MCU・DCEUなど)を何倍も楽しむ、ニワカもマニアも歓迎のアメコミ情報サイト。キャラクター考察、公開情報まとめ、映画の展開予想などなど。

Disney+の日本上陸はいつ?海外で配信開始してる情報などまとめ

アバター
この記事を投稿した人
あさひなペコ
元々映画(SF・冒険・アクション)が大好きだったが、MARVELに出会って人生変わったオタクライター。 自分が気に入った作品は王道の作品からマイナー作品に至るまで、コミックス含め、独自に深掘りを行う。

ディズニーが全く新しい動画配信サービス「Disney+」(Disney Plusとも)を発表しましたが、本国アメリカでは、ついに2019年11月12日よりサービスが開始!

早くも様々なうわさが流れているこの「Disney+」ですが、今わかっている情報や、配信中の動画、気になりますよね。

更に、日本にはいつ導入されるのか、MCUファンであれば気になるところなのではないでしょうか!?

今回は、今わかっている限りの「Disney+」情報について、まとめていきます。

新動画配信サービス「Disney+」って?

世界が大注目の「Disney+」とは一体どんなサービスなのでしょうか。

ご存じの方も多いと思いますが、あのミッキーなどでおなじみのディズニーは、ピクサーを始め、数多くの企業を傘下に収めていて、マーベルを始め、スターウォーズを傘下に収めています。

さらに、最近ではFOXグループもその傘下に収めたことで、完全無敵となっています。

そんな超巨大エンターテイメント会社となったディズニーが、独自のネット動画配信サービスに乗り出したのが、「Disney+」なのです!

今後は、この「Disney+」を中心に、オリジナル作品の配信が行われることが決定されていて、マーベルもその例外ではありません。

今配信している「Disney DELUXE」との違いは?

気になるのは、すでに日本国内でサービスが始まっている「Disney DELUXE(ディズニー・デラックス)」との違いではないでしょうか。

「Disney DELUXE」は、NTTドコモとディズニー社がタッグを組み、国内で唯一のディズニー公式動画配信サービスとしてスタートし、ディズニーオリジナル作品を始め、マーベル作品も見放題となっています。

ですが、どうやら「Disney DELUXE」と「Disney+」は別物となっており、「Disney DELUXE」のサービス開始時の記者会見でも正式に明言されています。

今の時点で判明しているのは、「Disney DELUXE」はあくまで日本国内向けである、というところだけのようです。

アメリカやカナダ、オランダではすでに配信中!他国の配信開始日はいつ?

アメリカではすでに配信中の「Disney+」ですが、まずはそのほかの欧米諸国ではいつサービスが開始されるのでしょうか。

まずは、2019年11月19日にオーストラリアやニュージーランドでは、配信が始まっていくようです。

さらに、2020年3月31日から、イギリス、ドイツ、フランス、スペインなどのヨーロッパ地域では正式配信が決まったようです!

そして、日本は安定の未定。

もうこれは、アメリカやヨーロッパに行くしかないのか⁈というレベルになっていますね。

日本にも早く来てほしい限りです!

Disney+の料金(アメリカ編)

参考までに、アメリカでの「Disney+」の価格を見ていきましょう。

参考価格

  • 6.99ドル/月

(または、69.99ドル/年を前払い)

日本円にすると、およそ780円で見放題になるみたいです。

さらに、現在ディズニーの参加となったHuluやスポーツ配信サービスのESPN+とのセット契約も発表されており、旋風を巻き起こしています。

注目のDisney+で見れる作品は?

気になるのは、本国で何が見れるのかというところですよね。

最初の1年目は、7500ものエピソード、そして映画作品が500作品配信予定となっています。

また、「Disney+」だけでしか見れないオリジナル作品も作られるようです。

マーベルだけに限定すると、現状では映画『キャプテン・マーベル』飲み放題なんだとか。

また、不調に終わってしまったドラマ『インヒューマンズ』や、日本国内では「Disney XD」や「Dinsey チャンネル」でのみ放映されていた、アニメ版「Guardians of the Galaxy」などの配信もされているようです。

筆者としては、ありがとう!としか言いようのない内容です(笑)

今後のマーベル作品の配信予定

既にご存じのファンもいるかと思いますが、すでに「Dinsey+」で配信が決定されている、フェーズ4の作品もあります!

  • 「The Falcone and The Winter Soldier」
  • 「Wandavision」
  • 「Loki」
  • 「What if・・・?」
  • 「Hawkeye」
  • 「Ms. MARVEL」
  • 「MOON KNIGHT」
  • 「SHE-HULK」

この「Dinsey +」の作品が、今後公開のMCUの作品へと連動することも決定しており、特に『Wandavision』と『Loki』については、両作品とも映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』へとつながるようです。

また、新たに追加された『ミズ・マーベル』『ムーン・ナイト』そして『シー・ハルク』についても、映画シリーズにも直結するようなので、期待が高まります!

初日に1000万人加入も、アクセス障害が発生!?

なんと本国アメリカでは、11月12日の配信開始に1000万人の加入者を獲得したにもかかわらず、初日からアクセス障害というトラブルに見舞われたんだとか。

とはいえ、それでも1000万人が登録していることは、今後の拡大も期待できそうです。

日本からでも「Dinsey +」に登録できる?!

なんと、日本からでも「Dinsey +」に登録する方法があるらしい!

こちらのツイートの通り、アメリカのVPN接続さえあれば、日本からでも

「Dinsey +」を視聴することができるようです。

実際に筆者の友人が、アメリカのVPN接続に知識のある彼氏の力を借りて、日本にいながら「Dinsey +」を楽しんでいました!

う、うらやましい!

まとめ

日本ではいつやってくるか、いまだに未知数の「Dinsey +」ですが、今後のMCUの作品群のこともあるので、来年には情報がくると良いですよね。

「Dinsey +」のライバルは、ネット配信サービス最大手の「ネットフリックス」だそうですが、ネットフリックスを打倒することができるのかも含めて、今後注目したいネット配信サービスといえそうです!