アメコミ映画(MCU・DCEUなど)を何倍も楽しむ、ニワカもマニアも歓迎のアメコミ情報サイト。キャラクター考察、公開情報まとめ、映画の展開予想などなど。

MARVELのキャラの映画化権利と推移まとめ。経営悪化から端を発した20世紀FOX、SONY、MARVELスタジオ、ディズニーの買収

アバター
この記事を投稿した人
うた
アメコミ映画最強と信じる変集局長です。社壊人しながらアメコミ映画の情報とか配信する半分ボット(@amecomi_movie)も運営中。記事のサムネ画像をお絵かきしてます。

「スパイダーマンはどうして、途中からアベンジャーズに参加したの?」

「マーベル映画っていろんな映画スタジオで作られているのはなぜ?」

そんな疑問を持っているマーベル好きや、映画好きの方は多いのではないでしょうか。

この記事では全てのMCU作品を観てきた筆者が、その疑問にできるだけわかりやすく解説しています。

MARVELの映画は権利がバラバラなのは何故?

マーベル映画の権利がバラバラな理由は、映画化権を複数の他社映画スタジオに売ってしまったからです。

なぜそのようなことが起きてしまったのか。

その理由は、1980年代にマーベルがマーベル作品の映画化をする計画を進めていたのですが、当時自社スタジオを持っていなかったマーベルは、他社の映画スタジオに各キャラクターの映画化権を売り、映画化の企画を進めてしまったためです。

MARVEL経営悪化から映画権利売却の流れ

1980年代に、マーベルは経営が悪化します。

その原因は以下の3つです。

  • テレビ業界活発化による、コミックス業界の衰退
  • 事業拡張の失敗
  • 主要コミックライターの独立

以上の理由でマーベルは経営が悪化してしまいます。

倒産を免れたいマーベルは苦肉の策として、各キャラクターの映画化権を他社映画スタジオに売却します。

以下が各キャラクターの売却先スタジオです。

  • スパイダーマン → コロンビアピクチャーズ
  • X-MEN → 20世紀フォックス
  • ハルク → ユニバーサルスタジオ

経営難に陥っていたマーベルは、他社に映画化権を売ることで経営を安定させることを試みました。

映画化権を他社に売却することで、以下のようなメリットがあります。

  • ライセンス収入が入る
  • キャラクターを使ったグッズが売れる

後に、映画アベンジャーズが製作されることになりますが、スパイダーマンが途中から参加することになったのは、映画化権をソニーに売却してしまっているから。

映画化権の売却がなければ、MCUは今よりも面白い作品になっていたかもしれません。

アイアンマンの成功とディズニーによる買収の流れ

MCUシリーズ最初の作品のアイアンマンは世界的に大ヒットし、週末3日間の興行収入は1億2110万ドル(約125億円)を記録しました。

これは、歴代10位(公開当時)の記録で、公開前の予想を大きく上回る成績でした。

さらに映画「アイアンマン」は以下の賞にノミネート、受賞しています。

第81回アカデミー賞

  • 「視覚効果賞部門」にノミネート

第35回サターン賞

  • SF映画賞
  • 主演男優賞
  • 監督賞を受賞

上記の成績を収めたアイアンマンは世界中で知名度を上げました。

そして、マーベルの壮大なプロジェクト、マーベル・シネマティック・ユニバーズ(MCU)に目をつけたディズニーにマーベルスタジオは買収され、現在にいたります。

現在の権利と今後の映画の内容予想

現在MCUに参加しているマーベル作品。

  • アイアンマン
  • インクレディブル・ハルク
  • マイティ・ソー
  • キャプテンアメリカ
  • ドクターストレンジ
  • アントマン
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  • ブラックパンサー
  • スパイダーマン
  • キャプテンマーベル

今後、MCUに参加する可能性がわかっている作品は、

  • X-MEN
  • ファンタスティックフォー

の2作品です。

上記作品は、21世紀フォックスが映画化権を保有しています。

2019年3月にディズニーは21世紀フォックスを買収し、マーベルスタジオもディズニー傘下のスタジオであることから「X-MEN」「ファンタスティックフォー」をMCU作品へ参加させることができるようになりました。

新たなヒーローがMCUに加わることで、さらに壮大な世界観でMCUシリーズが展開されるでしょう。

しかし、これらのキャラクターがMCUに登場するまでには時間がかかると、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が明言しています。

「X-MEN」「ファンタスティックフォー」がMCUに参戦するまえに、

  • スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
  • エターナルズ(仮)
  • ドクター・ストレンジ続編
  • ブラック・パンサー続編
  • ブラック・ウィドウ単独映画

と、既に製作が決定している作品があります。

今後のMCUの展開はこれらの作品が続いていくなかで、「X-MEN」「ファンタスティックフォー」がMCUに関わっていく要素が少しずつ追加されていくのでないかと予想します。

みんなの期待(Twitterから引用)