アメコミ映画(MCU・DCEUなど)を何倍も楽しむ、ニワカもマニアも歓迎のアメコミ情報サイト。キャラクター考察、公開情報まとめ、映画の展開予想などなど。

まだMCUのマーベル映画シリーズを観てない人必見!MCUの魅力とは?

アバター
この記事を投稿した人
あさひなペコ
元々映画(SF・冒険・アクション)が大好きだったが、MARVELに出会って人生変わったオタクライター。 自分が気に入った作品は王道の作品からマイナー作品に至るまで、コミックス含め、独自に深掘りを行う。

最近の映画界では、アメコミ映画の人気の勢いがとどまることを知りません。

2019年に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、これまで『アバター』や『タイタニック』がマークしていた世界映画興行成績を塗り替えていますし、11月にはアメコミ作品を中心としたビックイベント『東京コミコン』も開催されていて、だいぶ身近になっています。

今回は、現在のアメコミ映画をけん引している、『MCU』の魅力について、まだ見ていないというあなたに向けて、余すことなくご紹介していきたいと思います。

”MCU”ってなに?

『MCU』という名前、聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

アメコミ映画作品の中でもダントツの人気を誇る『MCU』は、『マーベル(MARVEL)』というアメリカのコミック出版会社が発刊した『マーベル・コミックス』を、映画やドラマ作品の映像化している一種のプロジェクトのことを指します。

このプロジェクトは『マーベル・シネマティック・ユニバース(Marvel Cinematic Universe)』と呼ばれていて、その頭文字をとったのが『MCU』です。

日本でいうところの、集英社や講談社、KADOKAWAなどのマンガ作品が映画になった、と考えるとわかりやすいかもしれません。

マーベル・コミックスの歴史は長い

映画の原作となっているのは、『マーベル』社が出版してきた『マーベル・コミックス』というコミックスシリーズに登場してきたキャラクターたちの活躍です。

『マーベル』を知らないアナタでも一度は耳にしたことがあるであろう、『』や『キャプテン・アメリカ』や『スパイダーマン』は、この『マーベル・コミックス』発祥のキャラクターで、その歴史はとても長いのです。

その長さはなんと今年2019年で創立80年!

数え切れないほどのヒーローが、この80年の間に生まれてきたのです。

なんでそんなにハマる人がいるの?

日本でも、特撮映画などで歴代の仮面ライダーやヒーローが大集合する映画が毎年公開されていますよね。

これと同じで、『マーベル・コミックス』では、1人でも主役を張れるヒーローたちが一堂に会して、さらなる強敵に立ち向かうマーベルヒーロー大集合映画の『アベンジャーズ』シリーズがカッコいい!ということで、アメコミファンだけでなく、更に多くのファンを獲得しました。

ヒーローたちは、常人を上回る特殊能力やパワー特技を駆使し、激しいアクションだけでなく、人間ドラマも見せてくれます。

これも、多くのファンの心をがっちりつかんでいるのです。

タイプ別!とりあえず一つみるならどれがいい?

今となっては23作品も公開済みとなった『MCU』ですが、初心者だとどこから手を付けて良いのか、わからないことだらけですよね。

とりあえずひとつ見るとしたら、何が良いのでしょうか。

今回は、筆者の独断と偏見でタイプ別オススメのMCU映画をプレゼンしたいと思います!

 スカッとアクション好きな人向けはコレ!

『アベンジャーズ』

スカッとするアクションが見たい場合は、やはり『アベンジャーズ』をおススメします。

『アベンジャーズ』では、これまで単独映画で登場していたアイアンマン、キャプテン・アメリカ、、そして最強スパイ・ブラック・ウィドウと弓矢の達人ホークアイが、いたずらの神様ロキとチタウリと呼ばれる宇宙人たちのバトルを繰り広げていきます。

それぞれのヒーローが持つ個性や、能力を、迫力ある映像で楽しむことができますよ!

アメリカンなジョークなどお笑い好きな人向けはコレ!

アントマンはMCUの第12作品目に当たるヒーロー『アントマン』の単独作品。

ここまでのMCU作品は、前後の作品を押さえておかないと楽しむことが困難になってくるのですが、『アントマン』はこの1作品だけ見ても内容が把握できる作りになっています。

また、出演俳優の中にコメディ映画に出演経験のある俳優が複数人いること、そして監督もコメディ映画を監督した経験のある方である事かあら、お腹を抱えて笑えるお笑い要素がてんこ盛り!

お笑いが好きなあなたには大変おススメです。

スリリングな謎解きもある!ストーリー重視の人向けはコレ!

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

ちょっと謎解きも入っていて、スリリングな展開が好きなあなたは、MCU第13作品目の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』をおすすめします。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、ヒーローチーム「アベンジャーズ」の内乱を描いた作品です。

これまで味方同士だったのにもかかわらず、ちょっとした行き違いと誤解が内乱を引き起こしていくのですが、このきっかけを作った人物が他にいる、というものです。

謎解きのストーリー展開が入ってくるので、ミステリーが好きなあなたにおススメです。

初見でも内容はわかる映画ではありますが、これまでの『アベンジャーズ』シリーズと『キャプテン・アメリカ』シリーズを押さえておく必要があります。

こちらもオススメ

『キャプテン・マーベル』

謎解き系がすきなら、MCU第21作品目の『キャプテン・マーベル』もおすすめです。

数年前以前の記憶のない自分が何者かを突き止めるために、地球にやってきた主人公ヴァースが、実は訓練で事故死した地球人キャロル・ダンヴァースだということを突き止めていく中で、思いがけない新事実とともに事態が急展開する、といったもの。

自分を宇宙人クリー人と思っていたが、実は地球人だった、という衝撃の事実を知っていくヴァースの物語、そして本当の敵が実は意外な相手だった、という話の展開は、謎解きが好きなあなたも楽しく見ることができます。

とにかくかわいいのが好きな人はコレ!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、MCU第15作品目の映画で、同名のシリーズ第二弾です。

日本でも公開時、「ベビー・グルート」という小さな木のヒューマノイドがかわいい!と大評判でした。

前作で命を懸けてガーディアンズを守り抜いたグルートが、別人格として小枝から再生しているのですが、これがまた愛くるしいのなんのって!

話の内容を理解するには、前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を見る必要がありますが、「ベビー・グルート」のかわいさだけを堪能するのであれば『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』から見てもOK!

全部は難しいから最短ルートで見るとしたら?

MCUを見ようとして、絶対に誰もが抱くであろう『最短ルートはどれ?』問題。

筆者としては、『アベンジャーズ』を推します。

『アベンジャーズ』を押さえておけば、MCUの中でも主軸となるメンバーがどんな人物かをまとめて知ることができますし、ここから気になるヒーローができたら、単独作品を深堀りすることが可能だからです。

筆者はこの方法でMCUの世界にはまり、キャプテン・アメリカから深堀を始めました(笑)

まとめ

今回は、MCUとはなんだ?というところから、MCUの魅力についてお話ししました。

MCU作品は、映画だけでも現在23作品が公開されており、今後のラインナップもすでに14作品発表されています。

MCUの新たな作品の公開は2020年5月の『』からスタートします。

それまでに、興味があってもまだ手を付けられていない!というあなたも、この記事を参考にお気に入りのヒーローを見つけてみてください♪

アバター
このサイトをつくった人
うた
このサイトの編集長(@amecomi_movie)です。社壊人しながらアメコミ映画の情報とか配信してます。ヘイムダルとヨンドゥ好き;;DCもMARVELも好き。アメコミ映画を味が出なくなるまで堪能したい人、ガンガン絡んで欲しい。お絵描きします。