アメコミ映画(MCU・DCEUなど)を何倍も楽しむ、ニワカもマニアも歓迎のアメコミ情報サイト。キャラクター考察、公開情報まとめ、映画の展開予想などなど。

ドラマ『シーハルク』配信決定!コミックではかわいい完璧超人!能力は?俳優は誰?

アバター
この記事を投稿した人
あさひなペコ
元々映画(SF・冒険・アクション)が大好きだったが、MARVELに出会って人生変わったオタクライター。 自分が気に入った作品は王道の作品からマイナー作品に至るまで、コミックス含め、独自に深掘りを行う。

2019年8月23日に開催された「D23 Expo 2019」で、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェーズ4の隠し玉が発表されました!

ディズニーの動画配信サービス「」の新作ラインナップで、コミックスで大人気を誇るの配信が決定したんです!

今回は、『シーハルク』の盛り上がりに乗じて、『シーハルク』について、ご紹介していきたいと思います!

シーハルクとは?

シーハルクは英語だと”SHE-HULK”と書くように、あの緑色をした超人・ハルクの女性バージョンです。

愛称はシャルキーというんです。かわいいですよね!

シーハルクは1980年に発売されたコミックスが初登場となっていて、およそ30年たった今でも、マーベルファンから愛されるスーパーヒロインなんです!

シーハルクがヒーローになった経緯。バナーのいとこだった!

ハルクの名前に”シー”とついているだけに、あのハルクと混同してしまいますよね。ですが、決してブルース・バナーの女体化ではなく、実はブルース・バナーの親戚(いとこ)なんです!

シーハルクの本名は、ジェニファー・ウォルターズといい、ロサンゼルス出身の弁護士という知的キャラクター

そして父親はロサンゼルスの保安官である、モリス・ウォルターズという人物です。

彼女は、自分が担当する事件に関与していた男の弁護を依頼されるのですが、それがきっかけで命を狙われる羽目に。

そして、ついにジェニファーは銃弾を受け、重傷を負ってしまいます。

重傷だったジェニファーが輸血してもらった相手が、だったというわけです。

ブルースの血液には、もちろんガンマ線が大量に含まれていますよね

その血を輸血されたジェニファーも、ハルク化する能力を得ることとなったのです!

シーハルク、最強説浮上!その強さが尋常じゃない!

シーハルクとなったときのジェニファーは、ブルースの時と同じく、皮膚が緑色になり、超人的な腕力も手に入れます。その腕力はというと、100トンもある物体を軽々と持ち上げるほど!

ジェニファー自身が、もともとから体を鍛えているという設定が原作コミックスにはあります。そのうえ、格闘技も行うほどなのですから、めっちゃ強いですよね(笑)

また、皮膚も強靭となり、その強さは敵の攻撃を防ぐだけでなく、極端な温度変化にも耐えられるほど。

またすぐれた回復能力も相まって、スーパーヒロインの中でも群を抜いていることが分かります。

知性のあるお色気担当だけど、健康的でおちゃめ♡

また、シーハルクとなったジェニファーは、もともとの高身長がさらに大きくなります。

そして、変身後はハルクと違い、女性的な体のラインがそのままなので、ファンの間では健康的お色気女子ともいわれているほどです。

また、お色気担当キャラとは裏腹に、コメディキャラでもあるシーハルク。なんとコミックスでは、第4の壁を破ってくるのですから、驚きです!

デットプール以外で第4の壁を破れるマーベルキャラがいたんですね(笑)

シーハルクは自我がある!

ここでハルクと大きく違うのは、自我がちゃんと保たれていること!

ジェニファーも、シーハルクになると暴走しがちではあります。ですが、パワーを制御できなくなってしまったことがあったものの、ブルースほどではなく、むしろ自我も保っている姿で登場します。

シーハルクを演じるのは誰?!今わかっていることは?

残念ながら、「D23 Expo 2019」でのキャストや監督の発表はなされませんでした。

しかし、そこはマーベルファン!キャスト予想があちこちで飛び交っています。

現在、シーハルクを演じるのではないか?といわれているのが、

  • ポーラ・パットン 代表作『ウォークラフト』
  • アリソン・ミシェリカ 代表作『小悪魔はなぜモテる?!』
  • ジェシカ・ビール 代表作『3』
  • ロザリオ・ドーソン 代表作『シン・シティ』

この4名!

ロザリオ・ドーソンに至っては、ファンアートで描かれたシーハルクの姿をしたイラストが投稿されていたりも!

この投稿をInstagramで見る

I’d work out… #SHEHULK (Love a fan cast)

rosariodawsonさん(@rosariodawson)がシェアした投稿 –

//www.instagram.com/embed.js

現在MCUシリーズに出演済みのロザリオ・ドーソンが、シーハルク役をするのは難しいのではないか?という意見があるものの、MCUが何を仕掛けてくるかわかりません。

私たちは、続報を待ちましょう(笑)

MCU作品とのクロスオーバーの可能性も!今後の情報が待ち遠しい!

ここで気になるのは、これまでのMCU作品とどう絡んでくるのか、ではないでしょうか?

2015年にネットフリックスで配信されていたドラマ『デアデビル』のデアデビルことマット・マードックは弁護士で、ドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』のジェシカ・ジョーンズは探偵。この2人との絡みも期待されています。

なんせ、発表時には『デアデビル』に使われていそうな音楽も流れていたそうですから!

また、いとこであるブルース・バナー(マーク・ラファロ)が一緒に出演するのかというところも気になりますよね。

出てこないと、話を作る上で難しくなってきそうな予感もしますが、今回の「D23 Expo 2019」では、一切情報が発表されていません。

ですが、ケヴィン・ファイギ氏によれば、これまでにない作品になると一言。

今後の情報に期待ですね!